名古屋の心療内科|名古屋市瑞穂区新瑞橋の心療内科・精神科 みずほクリニック

こころの診療所 心療内科・精神科 みずほクリニック

〒467-0806 愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通8丁目14神谷ビル2F
名古屋市営地下鉄桜通線・名城線「新瑞橋駅」から徒歩2分

みずほクリニックのリワーク

リワークの目的

rework01_img01

リワークとは、うつ状態などによって休職している方を対象とした、復職までのステップとして利用していただく場所です。
こころの病気の回復基準には、いくつかの捉え方があります。まずは「仕事のない日常生活を規則正しく支障なく送ることで、趣味など本来楽しめていたことを楽しむ」ことのできる、日常生活レベルの回復があります。
これも立派な「回復」ですが、日常生活ができる「だけ」の状態で職場復帰をしてしまうと、そのギャップから過度の疲労を感じ、その結果再度休職に至るケースも少なくありません。
リワークは、ここから更に上の段階の「就労可能レベルの回復」を目指し、徐々に活動量を増やすことで就労に必要な体力や集中力を回復するための「リハビリトレーニング」と考えてください。
生活のリズムを整えたり、再発予防のための活動に取り組むことによって、休職中の生活と実際の就業とのギャップを埋め、円滑に復職していくことを目指します。

対象となる人

  • うつ、ストレス障害、適応障害、発達障害、統合失調症、その他ほとんどの方が対象となります。
  • 他院通院中でリワークのみ利用したい方(紹介状が必要です。転院の必要はありません。)
  • 診察にてリワーク利用が適当と判断された方
  • 安定して服薬できている方
リワークの利用を希望検討されている方は、ご見学・体験も可能です。
ご希望の方はお電話にてお問い合わせください。
お電話はこちら:052-846-2393

当院でのリワークプログラムについて

当院では、休職中の患者様に対する支援としてリワークプログラムを実施しています

  • リワークは、現在休職中の方が“復職”や“社会復帰”のための準備をする場所です。
    複数のプログラムを通じて、自分自身を見つめなおし、うつ状態の改善や再発予防を行っていきます。最終的な目標は、復職して業務制限や健康管理がなく、職場で期待される業務を再発なく継続することです。

  • うつ病の回復過程には4つの時期があると言われていますが、すべての時期でリワークが有効というわけではありません。いくつかの時期では、リワークで復職や社会復帰の準備をすることよりも、薬物療法を中心とした治療が優先されます。

  • うつ病の回復と復職について

    うつ病の回復プロセスは、“療養期(回復初期・生活安定期)”と“行動活性化期(寛解安定期・復職準備期)の2つに分けることができます。
    療養期と行動活性化期では、正しい過ごし方が真逆になります。療養期は、「休む・負荷がかからないようにする」ことが求められ、行動活性化期は「積極的に活動する・あえて負荷をかけてトレーニングする」ことが求められます。
    当院のリワークプログラムでは、“行動活性化期”の患者様を対象に復職支援を行っております。以下では、それぞれの時期の目標について説明します。

rework03_img01

1. 療養期

rework03_img02回復初期と生活安定期から構成されます。服薬と休養を主とする療養期では、仕事のない日常生活を、規則正しく・支障なく送ることが目標となります。症状が落ち着いた状態で生活ができるようになることを目指しましょう(=日常生活レベルの回復 )。

  • 1-1 回復初期

    基本的には、「休む・心身に負荷がかからないようにする」時期です。特に、仕事や職場に関することやストレスの原因となる刺激をできる限り遠ざけ、心身が休まる環境を整えることが大切です。

  • 1-2 生活安定期

    生活リズムを整えることや、基礎体力の回復を目指す時期です。症状がほぼなくなり、仕事に行かなければ支障なく日常を送ることができる状態になることが目標となります。日常生活レベルを回復することが大切です。

2. 行動活性化期 → リワークの時期

rework03_img03寛解安定期と復職準備期で構成されます。療養期を終えた段階(日常生活レベルでの回復しかしていない段階)で復職してしまうと、“うつ病”の再発リスクが著しく高まることが明らかとなっています。
その原因としては、療養期の生活の負荷(ストレス)と働くことの負荷(ストレス)の差が大きいことが挙げられます。したがって、再発を防ぐためにはこの差を可能な範囲で埋めた状態で復職することが望まれます。
そこで、行動活性化期には“生活レベルの回復から、定められている就業条件に従って仕事をすることができるレベルになること”が目標となります( = 就労可能レベルの回復 )。
当院では、行動活性化期の患者様を対象にリワークプログラムを実施しております。

  • 2-1寛解安定期

    日常の生活リズムが安定し、趣味などの活動を安定して十分に楽しめるようになることを目指す時期です。日常生活における活動量や睡眠時間を安定させることが大切です。加えて、うつ病や休職に至った原因を見つめなおし、再発の予防を行っていきます。

  • 2-2復職準備期

    職場復帰の手続きを行い、実際に職場復帰の具体的な計画を立て、復職を目指す時期です。復職が近づくことで一時的に症状が出てくることもあります。職場とのやりとりや、出勤訓練として実際に職場に行くことも必要になります。

3. 復職まで、復職後のサポートについて

  • リワークを通じて状態を改善・安定させ、再発予防を身につけて復職します。 また、復職後にも、必要に応じて状態の確認や振り返りのためにフォローアップの 支援を行います。

休職開始から復職へのプロセス(期間については個人や病状によって差異があります。)

rework04_img01

週間プログラム(例)

9:30~
9:50
各自まとめ 各自まとめ 各自まとめ 各自まとめ 各自まとめ
9:50~
10:30
ウォーミングアップ ウォーミングアップ ウォーミングアップ ウォーミングアップ ウォーミングアップ
10:40~
12:00
料理/運動
/IMR
人間関係づくり
トレーニング
怒りのコントロール
/アサーション
交流分析 認知再構成
12:00~
13:20
昼休憩 昼休憩 昼休憩 昼休憩 昼休憩
13:20~
14:40
もくもくタイム マインドフルネス 行動活性化 表現療法 わくわくワーク
14:40~
15:10
各自振り返り 各自振り返り 各自振り返り 各自振り返り 各自振り返り
15:10~
15:30
一日の感想 一日の感想 一日の感想 一日の感想 一日の感想

プログラムの説明

ウォーミングアップ ラジオ体操・ダンス・ボディスキャンのいずれかを行って体を動かします。
「今日のニュース」では、一人ひとり最近の気になるニュースを発表します。司会・板書を担当するなど、集団の中で発言する練習や、身の回りのことに意識を向ける練習になります。
料理 当日の参加者でメニューを決め、分担して料理を行ってその日の昼食を作ります。
運動 クリニック周辺をウォーキングしたり、近くのスポーツセンターのジムに行って体を動かします。部屋内で実施できるような簡単な体操やヨガ、卓球を行うこともあります。
IMR 病気の自己管理と
リカバリー
病気や症状、治療法について学びます。
自分の病気とうまくつきあいながら再発を防ぎ、リカバリーを目指していきます。
もくもくタイム 個人作業に取り組む時間です。復職するにあたってそれぞれが抱える課題に関連した作業を行います。集中力の回復や、復職後の仕事に向けたスキルアップを目指します。
人間関係づくり
トレーニング
コミュニケーションスキルを意識的に身につけるトレーニングです。
体験ワークを中心に行います。
マインドフルネス 自分の気持ちを「今、この瞬間」に意図的に向けて、現実をあるがままに知覚すること、そうした心の状態を体得するためのトレーニングを行います。
アサーション 自分も相手も大切にした自己表現について学びます。実際に困った場面を想定してロールプレイを行ったり、参加者同士で話し合うことで、さまざまな表現の仕方を練習しています。
怒りのコントロール 怒りの感情が起こる原因や過程を知り、コントロールする方法を学びます。
行動活性化 行動と気分の関連を学び、気分が良くなる活動を増やしていくことで、症状の改善を目指します。
交流分析 一人の人間の中にある三つの自我(親・大人・子ども)を分析し、ロールプレイなどの対人交流を通して、自己の理解や成長を促します。
表現療法 コラージュ、粘土、フィンガーペイントなど、言語ではない表現で自分の感情や気持ちを表します。
認知再構成 認知(ものごとの受け取り方や考え方)に働きかける精神療法の一種です。柔軟な認知を探し、ストレスへ上手に対処できるよう心の状態を整えていきます。
わくわくワーク グループでテーマを決めてワークに取り組みます。集団で話し合い、協力して遂行する体験を通して、自分への気づきを深めます。

利用の流れ(ご本人様)

rework07_img01

まずは診察の際、復職のご希望があることを主治医までお申し出ください。
みずほクリニック以外の精神科・心療内科に通院されている方は一度お問合せの上、紹介状をご持参ください。
診察や面談などを通じ、状況の把握や職場復帰に向けての課題の整理を行います。

なお、リワークに参加いただくための要件として、以下の7つがあります。

  1. 日常生活レベルまで回復しており、症状が安定していること
  2. 服薬等の自己管理ができていること
  3. 日中のプログラムに参加するための生活リズムが整っていること
  4. グループ活動に参加し、自分の体験や意見を話すことに負担がないこと
  5. ご本人に復職する意思があり、職場復帰に向け、リワークの利用希望があること
  6. 主治医の許可があること
  7. 雇用事業所の許可があること

利用の流れ(家族の方へ)

rework08_img01

メンタルヘルスの不調で休職されている方のご家族は、時に患者様ご本人以上に「いつ復職できるのか」と不安をお持ちになり、同時に「復職のために自分に何かできることはないか」と悩まれることも多いでしょう。
確かに、復職にはご家族の支えが必要です。しかし長期間にわたることも多い休職の中で、ご家族が疲れてしまったり、過度な負担によって患者様ご本人とご家族との関係性が悪化してしまうことは避けなくてはなりません。

みずほクリニックでは患者様ご本人だけでなく、それに寄り添うご家族の方へのサポートもいたします。患者様の回復の過程で、今はどのような言葉をかけるべきなのか、一緒にどのような活動をしたらよいのかなど、患者様ご本人の状態に応じての寄り添い方、接し方をお伝えいたし

利用の流れ(勤務先・会社の方へ)

rework09_img01

昨今、メンタルヘルス不調による休職・退職者が増加傾向にあることが、社会問題のひとつとなっています。同時に、メンタルヘルス対策の重要性にも注目が集まっています。
うつ病などのメンタルヘルスの不調によって発生する社会的なコストは、年間2~3兆円にのぼるとも言われており、従業員を擁する企業にとって、また社会にとっても、その損失は非常に大きなものとなっています。

従来、多くのリワークでは、「日常生活レベルの回復」で復職が可能と判断されていました。しかしその場合、実際に職場に復帰したあとストレスに耐え切れず再休職をしてしまう、というケースが多く発生してしまっていました。
しかし、医療機関が主体となってリワークを実施することで、休職者ご本人の病状を詳しく知っている担当医がフォローアップすることができます。本人も気づいていない心理的課題や、病状の変化に対してもこまめに介入することで、柔軟かつ適切な支援を提供することが可能になります。

このように、「日常生活レベルの回復」ではなく、「就労可能なレベルへの回復」を目指し、再休職や離職を未然に防ぐことを目的として、リワークを実施しております。

また当院では、復職されたあとも再休職を予防するための継続した通院治療、フォローアップの体制も整備しております。

利用の流れ(医療機関の方へ)

rework10_img01

メンタルヘルス不調が原因で休職される方の増加に伴い、復職支援の重要性が注目されています。
みずほクリニックは2016年から職場復帰をサポートするリワークデイケアを開設し、名古屋の地域で働く人のメンタルヘルスをサポートすることに注力しております。

当院では精神科の医療機関が主体となってリワークのプログラムを実施することにより、精神科的治療とリワークのプログラムを並行して実施することで、再休職や離職を未然に防ぐことを目的としています。
こうした強みを活かし、復職の支援において悩みを抱えていらっしゃる地域の医療機関やその他の支援施設のお手伝いをさせていただければと考えております。

復職を目指すにあたって気を付けたいこと

rework11_img01

  • 自分の症状や今いる段階に合わせて、できることを少しずつこなしていきましょう

    焦りは禁物ですが、慎重になりすぎても状態が長引いたり、復職しづらくなることにつながります。医師やご家族、職場の方などと相談しながら、一歩一歩進んでいきましょう。

  • 制度としての休職可能期間を確認しておきましょう

    有給休暇や病気休暇の制度、休職の制度については、各職場の就業規則に定められています。勤続年数や過去の休職履歴などによって、期間が異なる場合があるので、休職開始前や休職中に自分の休職可能期間を確認しておきましょう。
    また、休職を継続する際に必要な手続き(診断書の提出など)についても、会社で定められている方法を把握して、漏れがないよう手続きをとりましょう。

  • 休職中の生活を支える制度を活用しましょう

    休職中の給与制度についても確認しておくことをおすすめします。会社から支給される給与がある場合や、傷病手当金を受給できる場合などがあります。
    傷病手当金は、病気休業中の被保険者とその家族の生活を保障する制度で、1年6ヶ月を限度に全国健康保険組合(協会けんぽ)から給与の一部が支払われるものです。

  • 現実的に休職が可能な期間を確認し、それに合わせたスケジュールを立てましょう

    rework12_img01

    症状や体調には波があり、特に復職後しばらくは不安定な状態が続くことがあります。制度上の休職可能期間を期限として復職の計画を立ててしまうと、そのような変化に対応できず、「もう1日も休むことはできない」という余裕のない働き方をせざるを得なくなります。
    特に、うつ病などの精神疾患は再発の危険性も高いため、期限にある程度余裕をもって復職までのスケジュールを立て、期限を残して復職することが望ましいとされています。
    また、傷病手当金等の制度にも期限が定められているため、同様に余裕をもって期限を残しておけるとよいでしょう。

費用

  • 自立支援医療制度(1割負担)利用で1日約710円、保険証(3割負担)利用で1日約2,130円です。
  • その他治療上必要な心理検査を行った場合、別途料金がかかります。
    自立支援医療費負担制度の利用ご希望の方は、診察時に医師にご相談ください。
リワークの利用を希望検討されている方は、ご見学・体験も可能です。
ご希望の方はお電話にてお問い合わせください。
お電話はこちら:052-846-2393